Lavie(ラヴィ)を使うデメリット

家庭用脱毛器は多くありラヴィが今、人気で評判が良いです。なぜならばデメリットが少ないタイプの脱毛器だからです。使いやすいのも人気です。

 

標準の照射面積が30mm×20mmと幅広いのです。幅広いと何が良いのかですが、作業効率が抜群に良く脱毛作業が嫌になりません。手っ取り早く脱毛処理ができます。

 

また通常フラッシュ系の脱毛器の場合は光源として使用しているカートリッジ部分を使用回数に応じて交換しなければなりません。カートリッジ代が結構高く負担になるものですが、ラヴィは気にしなくても良いのです。

 

寿命が長いので取り替えのスパンが長く経済的です。

 

しかし、メリットが多くても多少なりデメリットはあるものです。ラヴィから照射される特殊な光は肌の負担を考えて優しい光で脱毛処理ができますが、ラヴィのパワーはプロ仕様と同等レベルな為4連放射という方式で1度での負担を減らし回数を多くすることで効果を出す方式なのです。

 

4連放射が効果的なのですがデメリットにもなっています。優しい光を4階照射しますから処理に時間が掛かってしまいます。ですから短時間で脱毛をしたいという方にとってはデメリットを強く感じるかもしれません。

 

しかし脱毛時に考えなければならないのは肌トラブルです。ラヴィは肌負担を抑えて処理ができます。ある程度時間に余裕がある時にしようしますとラヴィのメリットを強く感じるでしょう。